投資信託を初めて半年後の運用実績を公開します

SBI証券でインデックスファンドを5万円投資することから初めて、現在はSBI証券(NISA口座、特定口座、iDeCo口座)と楽天証券(特定口座)で運用しています。

トータルリターン

口座別のトータルリターンは以下のようになります。

SBI証券

2019-04-21_16h46_46

2019-04-21_18h26_45

口座名 評価金額(円) 累計買付金額(円) 損益(円) 損益(%)
NISA 1,638,760 1,535,000 +103,760 +6.75
特定 1,113,155 1,082,500 +30,655 +2.83
iDeCo 100,084 100,000 +84 +0.1

iDeCoは去年の11月から拠出しています。iDeCoは加入時の手数料が大きかったため、ほとんど利益が出ませんでした。

SBI証券のiDeCo口座の場合、手数料が加入時に2,777円と毎月167円かかります。

楽天証券

2019-04-21_16h48_13

口座名 評価金額(円) 累計買付金額(円) 損益(円) 損益(%)
特定 1,189,548 1,126,500 +63,048 +5.59

全口座の累計

すべての口座を合算した半年間の含み益は +197,547円(+5.13%) でした。

保有している投資信託はすべてインデックスファンドで世界に分散投資しています。

種類 評価額(円)
TOPIX 128,021
日経平均 130,318
全米株式 124,173
先進国株式 1,265,928
新興国株式 644,581
国内債券 125,907
先進国債券 619,991
新興国債券 201,810
国内REIT 130,371
海外REIT 252,459
8資産均等 117,504
合計 3,741,063

アセット別の割合は

2019-04-21_19h52_19

前回からほとんど変わってません。

地域別に見ると

2019-04-21_19h59_23

先進国の割合が増えて、日本の割合が減りました。

ちなみに投資を始めた目的や勉強方法については前回の記事に書いています。

投資初心者が投資信託を5万円分買ってみました

振り返り

2018年末に結構な暴落がありました。「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」を見てみると

2019-04-21_20h02_22

12月に一気に値下がりしているのわかります。

その後はすぐにV字回復して、2019年2月頃にはプラスに転じていました。

年度別のデータを見るとかなり差があります。2019-04-21_20h06_41

暴落したとしても、淡々と積立投資をしていくことがいかに大事かがわかります。

今後の投資予定

しばらくは毎月60万円ずつの、ハイペースで積立投資をしていく予定です。

2019-04-21_20h13_08

NISA口座は年間120万まで非課税なので毎月10万ずつ積み立てています。

楽天証券は楽天カードで投資すると月5万まで1%ポイント還元なので、5万ずつクレジットカード投資をしています。残りは現金と楽天ポイントで購入しています。

続きです

投資信託を初めて1年後の運用実績を公開します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です