ティップネスでパーソナルトレーニング体験を受けてきました

2017-01-24_16h37_13

入会キャンペーンでもらえる商品券を使ったので、60分が実質無料で受けれました。

レッスン内容

レッスンはオーダーメイドなので、こちらの希望に合わせてくれます。今回はキネシスとフリーウエイトを希望しました。

キネシスはティップネス初導入の最新マシンらしいです。

2017-01-24_15h03_39

レッスンの流れ

  1. 呼吸法と体幹トレーンング
  2. キネシス
  3. フリーウエイト

呼吸法と体幹トレーンング

呼吸法は鼻から吸って口から吐くように言われました。吸うときに腹を膨らませて、吐くときに腹を一気にへこませます。大げさなぐらいにへこました方がいいそうです。

体幹トレーニングは長友選手がやっているようなやつです。器具を使わないトレーニングなのですが、かなり疲労しました。体幹トレーニングはライザップなんかでも取り入れられています。

キネシス

キネシスでは背中を鍛えるマシンと下半身を鍛えるマシンを使いました。

1つのマシンでもいろんなトレーニングのバリエーションがあるので、使ってて飽きない上に、効率よく鍛えれる感じでした。片手で持ったり座る位置を変えるだけで、負荷や鍛えれる部位が違いました。

フリーウエイト

ベンチプレス、スクワット、ダンベルをやりました。

基本的にフリーウエイトは10回をギリギリできるぐらいの重さでやるのが効率がいいそうです。

10回を3セットやるため3回目は辛くなってくるので、7回ぐらいやって一度休憩してから残りの3回やって合計10回でもいいそうです。どうしてもキツイ場合は途中で重りを減らしても問題ないようです。

コナミとの比較

コナミスポーツのマンツーマントレーニング比べると、ティップネスの方が器具の種類が多いのと、トレーナーのコミュニケーション力が高い印象があります。

唯一の難点はペンチプレスとスクワットが一台ずつしかないので、混雑してて順番待ちになる可能性があることです。コナミでも一台ずつしかないのですが、筋トレする人自体が少なかったのでいつもガラガラでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です